新しい組織の立ち上げと抱負

弊社は2021年5月にITマネジメントサービス部門を設立しました。ITマネジメントサービス部門では、IT戦略・中期計画策定、組織設計、人材育成、業務改革、ITシステム導入、プロジェクトマネジメント、デジタル・トランスフォーメーション、サイバーセキュリティ等、企業組織のIT運営におけるあらゆるテーマを対象として、課題解決を支援します。ITマネジメントサービス部門責任者である杉谷和彦さんに過去の経歴や部門設立したてのリアルなお話しを伺いました。

―――杉谷さんの自己紹介と過去の経歴について教えてください

杉谷 これまでコンサルティング会社や金融機関、米国調査会社で勤務し、公共、金融、製造、通信メディア、エネルギー、交通、商社、流通等のあらゆる業界を対象として、ITマネジメント領域(IT運営)におけるコンサルティングサービスを提供してきました。金融機関ではIT部門で勤務し、自社のシステム導入、運用にも携わっています。

ITの世界は実に幅が広く、奥も深い領域ですが、企業組織が抱えるIT運営に纏わる各種経営課題に対して、概ね思いつく限りのコンサルティングテーマを対象として、網羅的にサービス提供してきたと考えています。昨今はデジタル・トランスフォーメーションやサイバーセキュリティといったキーワードがマーケットのトレンドワードですが、これらをテーマとしたコンサルティングサービスも提供しています。

―――これまでコンサルティングファームや金融機関、調査会社など、多様なキャリアを歩んでこられている杉谷さんですが、これまでのキャリアで苦労したお話や大切にしてこられた事などはありますでしょうか?

杉谷 私は新卒で米国のコンサルティング会社に就職しましたが、アカデミックな世界を志向していた学生でして、大学やシンクタンク、コンサルティング会社などで、様々な経営テーマを対象として、調査・研究したり、世の中に意見発表するような仕事をしたいと考えていました。就職してから学んだことは、組織には明確なヒエラルキーがあり、組織内外における政治的な力学や様々な利害関係が存在するなかで、ビジネス活動が営まれているということです。

コンサルティングビジネスの現場では、様々なステークホルダーが存在し、多様な問題が複雑に絡まり合っている様子を目の当たりにするわけですが、一見して明らかに正しそうな道筋が存在しても、関係者がなかなか正しい方向へは向かっていかず、紆余曲折を得ながら関係者の合意形成がなされないと、物事が前に進んでいかないわけです。これはコンサルティングビジネスの現場に限った話ではなく、自社内での仕事1つとってもそうですし、ビジネス活動のあらゆる局面で同じことが言えると思います。

もともと人間関係や政治的な活動に対して、さしたる興味をもっていなかった私にとっては、ビジネス活動において自身を取り巻く関係者の振る舞いや言動が、理解の範疇を超える出来事が多々あり、特に仕事をはじめたばかりの頃は、苦労した記憶があります。

私がこれまでの職業生活で大切にしてきたことは、高い品質のサービスを提供できるよう情熱をもって仕事に取り組むこと、職業人としての市場価値を高めるためにどのような知識・スキル・経験を得て、自身の専門性を高めていけばよいのかを考え続けることの2つです。

コンサルティングの仕事は、サービス品質を測定するための明確な指標が存在しないため、どこまでも品質を高め続ける努力ができるという特徴があります。もっとも商取引である以上、予算と納期の制約を踏まえてサービス提供する必要がありますが、顧客からの自社に対する評判や商取引の継続性の観点から、なるべく高い品質のサービスを提供する必要があります。また、顧客からの評価も大切ですが、なにより自分自身が仕事の成果に対して価値を感じられることで、職業人としての誇りをもち、仕事に対するやりがいを感じることができるでしょう。顧客の経営課題の解決をサポートすることを通じて、社会の発展に貢献する、それがコンサルティングの仕事の醍醐味だと思います。

コンサルティングの仕事は、対象とする範囲が広範囲にわたっていることも特徴の1つです。企業組織が事業活動を行う上で、あらゆるファンクション(組織機能)で常になんらかの経営課題を抱えており、それらのすべてがコンサルティングの仕事の対象となり得ます。現代の事業活動はITプラットフォームをなくしてビジネスを語ることができないほどその重要性が高まっており、今後ますますその傾向が顕著になることを予想しています。

私の場合は、たまたまITをテーマとしたコンサルティングからキャリアをスタートし、その後もこの分野を選択して仕事を継続してきたわけですが、いま思えばとても運が良かったと考えています。

―――杉谷さんはなぜストラテジーテック・コンサルティング入社したのでしょうか。

杉谷 コンサルティング業界で仕事をしていると、様々な企業から頻繁に転職のお誘いを受けることになります。私も大変ありがたいことに、本当にたくさんの会社からオファーをいただきました。

ストラテジーテック・コンサルティングに入社した理由は、これまで大手のコンサルティング会社での勤務経験が長かったこともあり、スタートアップの会社が面白そうだと思ったことと、事業運営に携われるようなポジションで仕事をしてみようと考えたからです。

―――ITマネジメントサービス部門がビジネスとして成功するためには何が必要でしょうか。

杉谷 高品質なサービスを提供すること、コンサルタント人材にとって価値のある環境づくりをすること、セールス機能とデリバリー機能を統合することの3つだと考えています。

日本のコンサルティングマーケットは過去10年以上にわたって、飛躍的な成長を遂げてきましたが、需給関係が大きくアンバランスしており、需要に対して供給が追い付かない状況が継続しています。また、この傾向は予測されうる将来にわたって継続すると予想しています。

現在はコンサルティング会社各社の間で、コンサルタント人材の奪い合いの状況となっていますが、コンサルティングビジネスは高い専門性をもつコンサルタント人材による労働集約型のサービス販売という特性があるため、優秀なコンサルタント人材が集まり、成長し、働き続けるコンサルティング会社が、コンサルティングマーケットの覇者になることができると考えています。そのため、顧客へ高品質なサービスを提供し続けることにより、マーケットから選ばれる存在になることはもちろんですが、それ以上に、優秀なコンサルタント人材から選ばれる存在になることが、コンサルティングビジネスを営む組織に求められる要件であると考えています。

多様なバックグラウンド・個性を持ち、多様なキャリアステージにあるコンサルタント人材へチャレンジングな仕事の機会を提供し、心身ともに健康に働くことができ、互いに切磋琢磨しながら協力関係を築けるような組織風土をつくっていくこと。このような環境づくりができれば、ビジネスは大きく発展すると確信しています。

もう1つ重要なことが、セールス機能とデリバリー機能を統合することですが、コンサルティングプロジェクトにおけるいわゆる炎上案件では、多くの場合、セールス時点でデリバリー計画が破綻しており、受注した直後から炎上していくというパターンをよく見かけます。

セールス機能とデリバリー機能が分割されている場合、セールス段階ではとにかく受注することが優先されがちであり、デリバリーリスクの評価が適切に実施されない状況が生まれやすいため、炎上案件を次々に受注してしまうという現象が起こりやすくなります。

セールス段階でデリバリー計画のリスク評価を適切に実施することで、コンサルタント人材に過渡な負担をかけずに、高品質なサービスを提供し続けることができるようになると考えています。

―――ストラテジーテック・コンサルティングで働く仲間はどんな人がいますでしょうか?

杉谷 スタートアップの現在は、創業者の志に共感して集まってきた有志たちでメンバーが構成されていますが、みんな夢と野望を心に抱いて集まってきている人たちだと思います(笑)。

ただ意外と(といったら失礼かもしれませんが)スマートでコンサバティブな方が多いように感じており、今後はもっと個性溢れる仲間が増えていったらいいなと思っています。

―――部門責任者としての抱負をお聞かせください。

杉谷 マーケットのビジネスオポチュニティは豊富に存在するため、顧客へ高品質なサービスを提供することで企業ブランドを築いていくこと、コンサルタント人材へ適切な成長機会、労働環境を提供しながらビジネスを大きく拡大させることを目標として取り組んでいきたいと考えています。

また、コンサルティングのサービスメニューやフレームワークを整備することで、すべてのコンサルタント人材が一定水準以上の品質でサービス提供できるような仕組みをつくっていきたいと考えています。

―――最後に、ITマネジメントサービス部門で働きたい人達へメッセージをください!!

杉谷 ITコンサルティングの世界は高い専門性を要求される領域ですが、マーケットニーズが高く、将来性が極めて明るい分野だと考えています。すでに特定領域の専門性を持たれている方はもちろんですが、これからITコンサルティングの世界で仕事をしてみたいと考えている方も歓迎します。

コンサルティングビジネスは、顧客企業のエグゼクティブ層やエース級の担当者が直接のサービス提供対象となることが多く、マーケットトレンドも日々変容していく特性があるため、現時点での保有スキル・経験値以上に、人物面やポテンシャル、成長意欲などを重視しています。

最新情報をチェックしよう!