社員の健康をサポートする「パーソナルジムとの連携」

ストラテジーテックの福利厚生として「パーソナルトレーニング」を導入しています。パーソナルトレーニングジムと連携をして社員の健康増進や運動の環境提供をして社員のQOLの改善を目的としています。今回はパーソナルトレーニングの内容や制度について紹介します。

パーソナルトレーニングの内容

港区にあるパーソナルトレーニングジムと連携しており、パーソナルトレーニングを社員は誰でも月二回(50分)無料で受けることができます。

最近体がたるんできた、健康診断の数値を改善したい、ストレス発散をしたい、カッコいい体を作りたい、長いデスクワークにより腰痛を直したい……。そういった困りごとがあったときに、社員が気軽にトレーナーをつけてトレーニングができるそういった内容です。

トレーニングプログラムは連携先のトレーナーとオーダーメイドで作成します。なりたい体や理想に対して適切なメニューで運動を行います。

トレーニングでカバーできる内容は幅広く、ダイエット、健康増進、筋肉増量などに対応しており、自宅でのリモートトレーニングも可能となっております。また、トレーニング中、運動とセットで大切なお食事のアドバイスも受けることができます。

個別の食事アドバイス

健康や体つくりにはお食事の改善も大切です。

パーソナルトレーナーが一人一人に合わせたお食事を個別でアドバイスを受けることができます。生活習慣、家族構成、年齢、性別、既往歴などによって、適したお食事は人それぞれとなります。

隔週でカウンセリングを含めたお食事のアドバイスを受け、目的達成のための最適なお食事を知ることができます。その後はテキストにてお食事のメニュー表とアドバイスを受けられます。2週間後には同様に食事の振り返りをして、体を変えるための食事もマンツーマン指導受けることができます。

パーソナルトレーニングを福利厚生に入れた背景

コロナ禍によって、テレワークや副業の推進などが一般的となりました。そうした中「心身の健康」は以前とは違うサポートが必要になる時代へと変わり、従業員の健康が益々重要視される時代となりました。

会社で社員同士が顔を合わせる機会が減り、細かな変化に気づけなくなっている昨今において、一人一人の健康やコンディションの重要性は会社の将来にとって大切であると実感せざるを得ません。

とはいえ、健康のための取り組みは社員次第なところがあることも重々承知しています。そこで、ダイエットや体づくりを「並走」してくれる「パーソナルジムの活用」をすることで、より健康にコミットしやすいと考えたことが始まりでした。

活用の目的は社員によって様々だと思いますが、生活の中に運動が組み込まれ、そしてその家族にまで健康意識や運動習慣が伝わると嬉しいなと考えています。

これから出会うあらたな仲間にも、ぜひ活用してほしい制度となっております。

最新情報をチェックしよう!